PMS(月経前症候群)

月経前症候群はPMSとも呼ばれ、月経前の3日~10日の間に続く身体的や精神的に引き起こされる症状の総称のことです。

月経前症候群は重大なものになると人間関係も壊してしまうほどに深刻な問題として多くの女性が抱えている症状です。

ホルモンバランスの崩れから引き起こされる症状であるため、日々の生活習慣や食生活も重要になってきます。

当サイトの記事を通じて、月経前症候群の症状緩和に少しでも貢献できたら幸いと思います。

PMS(月経前症候群)

【2024年】生理痛に効くおすすめの薬を紹介!お悩みや症状にあわせた選び方も解説

思春期に初潮を迎えてから約40年間、女性は毎月のように生理と付き合っていくことになります。 生理痛の程度は人それぞれ異なりますが、我慢できないほどの痛みに悩んでいる方も多いでしょう。 本記事では、生理痛に効くおすすめの薬や鎮...
PMS(月経前症候群)

カロナールは生理痛に効く?服用方法や効果を解説します

カロナールは、100年以上の歴史がある解熱鎮痛剤です。 副作用のリスクが低く、発熱や頭痛などの様々な症状用いられています。 本記事では、カロナールの生理痛への効果や服用量を解説します。また、カロナールが効かない場合の対処...
PMS(月経前症候群)

【生理前】ぎっくり腰のような痛みの対処方法は?鎮痛剤やピルがおすすめ

生理前に起こるぎっくり腰のような痛みの対処方法についてまとめました。痛み止めが有効ですが、市販薬で効かない場合、より効果の強い鎮痛剤がおすすめです。また、低用量ピルなどを使って生理の症状を軽くすることも腰痛改善に繋がります。
PMS(月経前症候群)

生理前のイライラがひどい!毎月のイライラを抑える方法

生理前になるとイライラが抑えられなくなり、家族や恋人にあたってしまうという方にイライラを抑える方法をご紹介します。手軽に実践できる対処法と、低用量ピルでの解決方法を解説しています。
PMS(月経前症候群)

ピルの世代一覧を解説!世代ごとの特徴や違いなど

ピルは世代によって得られる効果や副作用が異なります。第1世代や第4世代であれば、月経困難症や子宮内膜症の治療、第2世代であれば生理周期のコントロール、第3世代であればニキビ治療などです。どれも避妊効果はありますが、選ぶ基準となるため抑えておきましょう。
PMS(月経前症候群)

ヤーズの避妊効果は?いつから効果が出るかも解説

ヤーズは月経困難症の治療薬として処方されていますが、継続して服用することで99%の避妊効果が得られます。このページではヤーズの効果や副作用、購入方法を詳しく解説しています。超低用量ピルの服用を検討中の方必見です。
PMS(月経前症候群)

【図で解説】トリキュラーの生理日移動–遅らせる・早める方法

避妊、肌荒れ防止、生理関連のお悩み改善など、様々な用途に使用できるトリキュラー。正しく使用すれば、生理日の移動にも用いることが可能です。生理日を遅らせる方法、早める方法を分かりやすく解説します。
PMS(月経前症候群)

トリキュラーの副作用-主な症状やいつからいつまで続くかも説明

代表的な低用量ピルのトリキュラー。避妊や月経困難症の改善など、様々な効果がある避妊薬ですが、どんな副作用があるのか不安で服用に踏み切れない方も多いのではないでしょうか?本記事では、トリキュラーの副作用の症状やいつまで続くのか、対処法などトリキュラーの副作用に関するあらゆる情報をまとめました。
PMS(月経前症候群)

ピルを飲み忘れたときの対処法|時間別・種類別に詳しく解説

ピルは毎日服用することで効果を発揮する低用量ピルや、性行為後に緊急避妊として2錠服用、その後12時間後に服用する必要があるヤッペ法のアフターピルなどがあります。それぞれ飲み忘れてしまった場合の対処法を詳しく解説しています。
PMS(月経前症候群)

ピルの効果はいつから?ピルには避妊以外の効果がたくさん!

低用量ピルには避妊以外にも様々な効果があります。避妊効果や、PMS、生理痛、月経困難症の改善効果はいつから現れるのか、また自分が望む効果に合っているピルはどれなのかを解説しています。ピルの服用を考えている方必見です。
タイトルとURLをコピーしました
500円クーポンプレゼント