冬に太るのはなぜ?原因と解消法・簡単ダイエット方法を紹介!

冬は食べ物がおいしい季節。

ついつい食べ過ぎて、気付けば夏からだいぶ太ってしまった……という方も多いでしょう。

今回は、そんな厄介な冬太りの原因や解消法をご紹介していきます。

さらに、「食べるのも我慢したくない!運動もしたくない!」という方でも簡単に痩せられる、話題のメディカルダイエットについてもご紹介しています。

簡単に無理なく冬太りから脱却したい方は、ぜひご覧ください。

冬に太るのは仕方ない?本能?

結論、冬に太るのは人間の本能的な部分も関係しています。

人間の体のメカニズムとして、寒い時には体温を上昇させるために脂肪を燃焼させてエネルギーをより多く消費しようとします。

しかし、古来より寒い冬は食料が不足する時期なので、体が危機を感じて脂肪を出来るだけ溜め込もうと作用してしまうのです。

このため冬の到来が太る原因のひとつとなることもあります。

また、寒い時はどうしても外出せずに家に引きこもりがちになり、運動量が減ってカロリー消費が少なくなってしまう点も原因として挙げられます。

冬太りで何キロ増える?

どれくらい太ってしまうかは人によるため一概には言えませんが、1~2キロ程度であれば誤差であると言って良いでしょう。

逆に5キロ以上など大幅に増えてしまった場合には、季節が原因のものではないかもしれません。

先述したような運動不足やカロリーの過多などにより太ってしまっていることが考えられるため、まずは生活習慣の見直しをすることをおすすめします。

冬の中でも特にお正月が太りやすいと言われていますが、実際に何キロ増えたかのアンケート結果や正月太りの解消法などは、下記の記事をチェックしてみてください。

正月太りをリセット!対策と解消法を知ってスリムに年越しを!
お正月はどうしても食べすぎたりダラダラ過ごしてしまったりして、気付いたら体重が……!という方も多いでしょう。今回は、正月太りをリセットするための超簡単おすすめダイエット方法や、正月太りの対策・解消法などをご紹介します!

実は冬は痩せやすい季節

冬の方が夏よりも太りやすい季節と思いがちですが、実は冬の方が夏よりも痩せやすいのです。

夏は暑いため、体を冷やそうとします。

一方、寒い冬は体温を下げないように熱・エネルギーを発生させる必要があります。

実は後者の体を温めようとする働きの方がエネルギーを多く使うため、基礎代謝が上がりやすいのです。

このように冬は夏よりも、多くのエネルギーを必要とするため、脂肪が燃焼しやすい(痩せやすい)季節といえます。

冬に太る理由

そもそも、なぜ冬になると太ってしまうのでしょうか?

まずはその原因について順番に解説していきます。

寒さで運動量が落ちる

寒さで運動量が落ちる

寒い冬は極力温かい部屋の中に引きこもっていたいですよね。

冬は外出する機会が減るのに加えて、家で体を動かすのも億劫になります。

外での移動手段も徒歩ではなく電車やタクシーなどを使ってしまうことで、暖かい季節よりも自然と運動量が減ってしまうのです。

むくみやすくなる

冬は体が冷えることで、血行が悪くなりやすいです。

そのため水分や老廃物の排出がうまくできなくなり、むくみに繋がってしまいます。

むくみの原因には以下のようなものが挙げられます。

むくみの原因
  • 血行不良
  • 塩分の摂りすぎ
  • 水分過多
  • ミネラル不足
  • 運動不足

冬は血行不良や運動不足などむくみの原因が重なってしまうこともあるため、暖かい季節よりも注意が必要になります。

むくみがひどい場合には、利尿剤などを利用してむくみの解消を促進するのもおすすめです。

外食の機会が増える

外食の機会が増える

冬はクリスマスや忘年会、新年会など、外食の機会が増えがちな季節です。

頻繁に高カロリーなものを食べたりお酒を飲んだりすることで摂取カロリーが大幅に増え、消費カロリーを上回ってしまうことで太ってしまうというわけです。

また、塩分の多い食事をとることでむくみに繋がり、結果として冬太りをしてしまうというケースもあります。

食べたいものを食べながら痩せたい!という方は、本記事でご紹介しているラク痩せダイエット方法をチェックしてみてください。

モチベーションが維持しにくい

冬は夏と比べて体の露出が減り、服でボディラインがほとんど隠れてしまいます。

夏は「水着を着るために頑張って痩せる!」などダイエットの目標も設定しやすいですが、冬はそういった目標が見つからずダイエットのモチベーションが維持できないという方は多いです。

「新年をすっきりした体で迎えたい」「タイトな服を着こなせる体になりたい」など、自分なりの目標を設定してみると良いでしょう。

セロトニンが低下する

「幸せホルモン」とも言われるセロトニンは日光を浴びることで脳内に生成されますが、冬は日照時間が短いため、このセロトニンが低下しがちです。

それによりストレスがたまりやすくなり、食欲のコントロールがうまくできなくなって暴飲暴食に繋がると言われています。

不足したセロトニンは、サプリメントや薬でも増やすことが可能ですので、以下を参考にしてみてください。

冬太りを防ぐ対策

冬太りを防ぐ対策には以下のような方法があげられます。

それぞれ解説していきます。

体を温める

体を温める

体温が下がると代謝も下がってしまい、摂取カロリーを消費しきれず、脂肪や水分、老廃物が蓄積され太りやすい体質になってしまいます。

まずは体を温めて血行を良くし、代謝を向上させましょう。むくみの解消や脂肪の燃焼にもつながります。

カイロを使って首の後ろ、お腹、尾てい骨の上などを温めるのも血行促進に効果があります。

また、お風呂はシャワーではなく、湯船にゆっくり浸かったり半身浴をするのも、体を温めて新陳代謝を高めるのに効果的。

生姜やニンニク、ニラなどの食品は、内臓の働きを良くして体を内部から温めてくれるので積極的に摂るようにしましょう。

適度な運動を心がける

適度な運動を心がける

冬に適した運動は気温が低く身体に負担が少ないことから、ランニング、ジョギング、ウォーキングなどの有酸素運動です。

しかし寒くて屋外に出るのが億劫な方も多いのではないでしょうか。

そういった方はジムなどの屋内で手軽にできる、ランニングマシン、踏み台昇降、縄跳びなどの有酸素運動がおすすめです。

下半身の筋肉を動かすことによって末端の血流を促す筋肉量が増え、エネルギー代謝が活発となり、むくみも改善しやすくなります。

また、冬ならではのウインタースポーツもおすすめです。

スキー、スノーボード、スケートといった運動は、消費カロリーが高くダイエットに適しています。

マッサージをする

マッサージをする

マッサージをして血行を良くするのもおすすめです。

リンパの流れもよくなるので、老廃物の排出も促され、むくみを解消することができます。

マッサージをする際はお風呂上がりなど、体が温まっているタイミングで行うのがおすすめです。

食生活を改善する

冬は糖質の多いものや高カロリーの料理を食べることが多く、食事量も多くなりがちです。

冬太りを防ぐためには、食事の取り方に気を付けることが重要です。

まずは朝食はしっかりと取って代謝を上げることが大切です。

逆に夕食はやや少なめにして、早めの時間に取るようにしましょう。

糖質や脂質の多い食品を減らし、バランスの良い食事を取ることを心がけましょう。

また、タンパク質を多く取ることも大切です。

タンパク質の摂取によって筋肉の減少を抑えることにより基礎代謝が上がり脂肪が燃焼されやすくなります。

糖質の多い食べ物はコレ!糖質を過剰摂取しないためのポイント紹介
糖質が多く含まれる食べ物をご紹介します。また、糖質の多い食べ物を食べる際のポイントも一緒に解説しますので、参考にしてみてください。

太りやすい食べ物

食べると太りやすい冬の食べ物は以下の通りです。

太りやすい食べ物
  • 餅:雑煮や磯辺焼きなど食べる機会も多いですが、高カロリー
  • おせち:栗きんとんなど糖質が高いものが多い
  • 肉類:タンパク質の摂取に役立つが、脂質が多いため脂身などは避ける
  • みかん:意外と糖質が多く含まれている
  • お菓子:歳暮や年賀でもらったお菓子類も高カロリーのものが多い

餅やおせちなど、お正月に食べる料理は、糖質が多く含まれているため太りやすいです。

また、魚介類や肉類などの食品は夏に比べて冬の方が脂肪になりやすい点にも注意が必要です。

「お餅は太る」は食べ方による!太らないお餅の食べ方はコレ!
お餅は太りやすいと耳にすることは多いでしょう。しかし、カロリーや糖質はご飯とほとんど変わりません。お餅の太りにくい食べ方について紹介します。

冬におすすめの料理

冬太りを防ぐおすすめの料理には以下のものがあります。

冬におすすめの料理
  • 鍋物:野菜、肉、魚、豆腐、きのこ類など様々な栄養素を摂取できる
  • おでん:大根やこんにゃくなど、ヘルシーな食材中心
  • スープ:食物繊維の多い野菜や、低脂質の鶏肉や魚を使ったスープ類

特に鍋ダイエット・おでんダイエットとも言われるくらい、鍋やおでんはヘルシーな食材を摂れるため、ダイエットに効果的です。

体も温まるので代謝を上げたり、脂肪を燃焼させる効果も期待できます。

鍋ダイエットを成功させるポイント紹介!失敗はダイエットピルで防ごう
鍋はダイエットに向いている料理ですが、つい食べ過ぎてしまったり、〆までたくさん食べてしまうという方もいるのでは。そんな方に効果的な鍋ダイエットのポイントや失敗しないコツを紹介します。
おでんダイエットにおすすめの具材は?期間は?継続のポイントも紹介
おでんダイエットにおすすめの具材をご紹介します。コンビニ別のおでんのカロリーや継続するための工夫についても解説します。

冬でもラク痩せできる!おすすめのダイエット方法

冬でもラク痩せできる!おすすめのダイエット方法

脂肪を溜めにくい体にして冬太りを解消するには、ダイエットピルの服用もひとつの方法です。

ご自分の悩みに合わせて、以下のような様々なタイプのダイエットピルを選ぶことができます。

上記のような様々な悩みに対して適切なダイエットピルがあります。
それぞれ紹介していきます。

太りにくい体にしたい方

リベルサス
7,600円~
1錠あたり最安値 900円
商品名 リベルサス
有効成分 セマグルチド
効果 インスリンの分泌を促進させて血糖値を下げる、食欲の抑制
飲み方 起床後、朝の食事や飲水をする前に服用(服用後は、食事や飲み物をとるまでに30分時間を置く)
副作用 便秘、下痢、お腹の張り、胃のむかつき など

リベルサスは美容クリニックのメディカルダイエットでも大人気の医薬品です。

「痩せるホルモン」とも言われるGLP-1というホルモンを内服で補うことで、インスリンの分泌を促進して食後の血糖値上昇を抑えます。

摂取した糖が脂肪として吸収されるのを防いでくれるため、太りにくい体になる効果が期待できます。

そのほか、空腹感を感じにくくしたり、食欲を抑制したりといった効果が得られる点も魅力です。

タップしてリベルサスの口コミを見る

クリニックに通ってダイエットのためのお薬もらっていましたが、時間もお金もかかるので通販で薬だけ買う事にしました。いまのところ順調に体重が落ちてきているので、なかなかクリニックに通う時間がない方におすすめです。
リベルサスの口コミ

運動とか無理なのでこちらを買いました。飲むだけで本当に食欲が落ちてきました。まだ目に見えて痩せてはいないけど、これなら続けられそう。
リベルサスの口コミ

炭水化物や甘いものが好きな方

フォシーガ
6,300円~
1錠あたり最安値 225円
商品名 フォシーガ
有効成分 ダパグリフロジン
効果 血中内の過剰なブドウ糖を尿として排出して血糖値を下げる
飲み方 1日1回、5mgを服用
副作用 便秘、頻尿、口の渇き など

フォシーガは血糖値をコントロールする「SGLT2阻害薬」と言われる薬で、美容クリニックでも人気です。

摂取した糖を吸収せずに尿として排出する作用があり、1日あたり200~500kcal程度の糖を排出することができます。

簡単にカロリーカットができるので、間食をしながらでもダイエットが可能になります。

タップしてフォシーガの口コミを見る

フォシーガ、クリニックでもらっていましたが、高すぎて途中でやめました。クリニックでもらえる薬と同じ効果と聞いたので、こちらで購入しました。飲んでみて1ヵ月過ぎましたが、-2kg落ちたので、引き続き飲もうと思います。
フォシーガの口コミ

家事、育児に追われて気が付くとブタになっていたので、飲むだけで痩せられるというこちらのお薬買ってみました。この薬を飲む以外のことは何もしていませんが、気が付くと-2kg体重が落ちていました!あと5㎏減るまで頑張りたいと思います。
フォシーガの口コミ

脂っこいものが好きな方

オルリガル
6,800円
1錠あたり最安値 80円
商品名 オルリガル
有効成分 オルリスタット
効果 脂肪の吸収を阻害する
飲み方 1日3回、食事中または食後に服用
副作用 油性直腸排出、おなら、油性または脂肪性便、排便回数の増加、軟便 など

オルリガルは脂肪の吸収を抑える効果があり、摂取した脂肪の40%を吸収せず便と一緒に排出できます。

食事の脂肪分を大幅にカットできるため、脂っこいものが好きな方にはうってつけでしょう。

タップしてオルリガルの口コミを見る

いまだかつて無い経験。お尻から黄色いアブラがドバドバ出ます。この薬で吸収されなかったアブラです。水洗トイレでは黄色い汚れが落ちないため、洗剤を使った掃除が毎回必要になります。オナラかな?と思ったら液状のアブラで大変なことに、なんてことも。ダイエット用の医薬品など眉唾なものしかないと今まで思っていましたが、この薬は間違いなく効果を実感できます。
オルリガルの口コミ

ダイエットに成功しました!自分の中では、今いい感じに体重落ちてきて、落としたいところまできました。最初は水色の薬飲むことに抵抗あったけど、飲み始めたらどんどん体重落ちていくから嬉しくて!もうちょっと気になる部分が落ちてくれるまで飲み続けます!
オルリガルの口コミ

まとめ

冬はついつい食べ過ぎ&運動不足になってしまいがちな季節。

一方で代謝が上がり痩せやすい季節でもあるため、それをモチベーションにダイエットを頑張ってみましょう。

食事制限も運動もしたくない!という方は、メディカルダイエットで無理のない減量がおすすめです。

メディカルダイエット

タイトルとURLをコピーしました
500円クーポンプレゼント